レバレッジETFを大胆に買っている人が正直うらやましい

FXスワップ&米国株インデックス積立&CFDサルトレ短期売買投資のH2です。

一か月近く更新が止まりました。

一時は200万くらいあった評価損も大分改善してきましたね。

cfd_trade_20200430_1

実生活ではコロナ問題で在宅ワークを始めて丸二か月が経過し。
生活も少なからず変化しました。

この間、相場関連のブログもほとんど見なくなりました。

余計な情報を入れると、あれやこれや、手を出したくなってしまうもので。

前回投稿に書いた通り、やっています。

  1. ダウのレートが少し改善し、余力が発生したら少量買い
  2. 追加ポジションに数万の評価益が出たら買値にストップを入れる
  3. どっちに転ぶか待つ

こんなことをしています。

スポンサーリンク

このままゆっくり上がる気もするけど、再度下落する気も

_人人人人人人人人人人_
>           <
> つまり分からない!! <
>           <
>           <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

いやー 上がるんすかね。

米国なんかではそろそろ経済活動再開、とか。

コロナの有効薬が認可とか。

そんな話もでていますが。

まだまだ、手放しでは飛びつけない状況。

普段は「低レバ」&「ロスカットなし」勝負ですが。

情勢が情勢なだけに、ロスカットなしでは危険するぎるので。

近々の追加分に関しては、上記の通りやっています。

が。

1)買う。

2)4~5万の評価益がでる。

3)買値にストップ入れる。

4)下がってストップにかかる。

5)再度上昇。

こんなことの繰り返しですorz

cfd_trade_20200430_2

これは近々の売買履歴。
どれも少額決済なのは買値ストップだからです。

スポンサーリンク

本当のところ買いたくて買いたくてうずうずしている

こんなことを繰り返していると。

ストップにかかってプラマイゼロで終わったところでレートが上昇。

そして一段高いレートでまた買い…。

こんな繰り返しをしている内に、コロナ暴落の前に戻ってしまうのではと。

本当のところはいまだに。

TECLとか。

SPXLとか。

参戦してぇぇぇぇぇぇぇえええええええええええ!!!!!

って。

心の中でしょっちゅう叫んでいるんですが。

大したキャッシュもないし。

一時の欲目でルールを破ると大概よくない結果になるので。

落ち着かせています…。

タイトル通り、今はレバレッジ系ETFを買っている人をうらやましく思いながら。

「儲けるより安全に」でやっています。

最悪、暴落前のレートに戻り、落ち着きを取り戻したなら。

そこでまたコツコツ「サルトレ」すれば良いのです。

それに。

夫婦で年80万分の積み立てNISAではS&P500やVTIをコツコツ買っているので。

我慢しようと。

もし。

超うまいこと行けば。

少量買い→上昇→買値にストップ→余力改善→少量買い→…

この連鎖が続いて。

暴落前のレートに戻る頃には、少量ずつ、買い増したポジションがプラス評価で溜まっていれば最高なんですが。

まぁ、そんなことはないでしょうね…。

-------------------------------------------
★NYダウを短期少額単純売買(命名「サルトレ」)しています。
こちらは店頭CFDでやっています。(取引所CFDではダメですよ)
 

-------------------------------------------

私もランキング上位の人は結構読んでいますm(_ _)m
 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ  
 
-------------------------------------------

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

   

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)